** 開業135周年記念 **ミシガン「びわ湖の日」キャンペーン

  • #期間限定企画
開催日
2022/07/01[金] 終了しました。[びわ湖の日]ミシガンクルーズご乗船のお客様が対象

ミシガンへのご乗船がびわ湖環境保全活動の応援に繋がります!

7月1日(金)は「びわ湖の日」。
「びわ湖の日」とは、滋賀県民がびわ湖を大切に想い、琵琶湖の恵みや環境保全について理解を深めるために定められた日です。
当社では、びわ湖への135年分の感謝を込めて、「びわ湖の日」のミシガンクルーズ総売上の13.5%を「びわ湖の日基金」に寄付するキャンペーンを実施します。
本キャンペーンを通じて、ミシガンにご乗船のお客さまがびわ湖の環境保全に関心を持ってくださる機会となること、また、ミシガンクルーズの売上金の一部を「びわ湖の日基金」に寄付することで、びわ湖の環境保全活動の一助になることを願っています!

キャンペーン概要

<実施日>2022年7月1日(金)「びわ湖の日」
<内 容>ミシガンクルーズ総売上の13.5%を「びわ湖の日基金」に寄付
<寄付先>淡海ネットワークセンター(公益財団法人淡海文化振興財団)「びわ湖の日基金」
<寄付日>7月29日(金)までに実施予定 ※金額非公表

「びわ湖の日」について
1980年7月1日、滋賀県は全国に先駆けて、琵琶湖の富栄養化の原因となる窒素、りんの排出規制等を定めた「滋賀県琵琶湖の富栄養化の防止に関する条例」(琵琶湖条例)を施行しました。その翌年、琵琶湖条例の施行1周年を記念して、7月1日を「びわ湖の日」と決定しました。その後、1996年7月に施行された滋賀県環境基本条例で、県民および事業者の間に広く環境の保全についての理解と認識を深めるとともに、環境の保全に関する活動への参加意欲を高めるため、7月1日を「びわ湖の日」と定めています。

「びわ湖の日基金」について
びわ湖の日30周年を記念して2011年7月1日に設立されました。この基金は、琵琶湖と琵琶湖につながる河川や森林などの保全に関わる実践活動や調査活動などで、今後も継続することが期待できる取り組みを支援しています。

当社が属する京阪グループでは、京阪版SDGsである「BIOSTYLE」を展開しており、その実現のために BIOSTYLE PROJECT に取組んでいます。さらに当社では、琵琶湖版SDGsであるMLGsにも賛同し、地域活性化活動や環境保全活動を通じて、持続可能な社会の実現に貢献してまいります。


日程 2022/07/01[金]

お電話でのご予約